4歳児の「読み」、進めなきゃよかった・・・

ととちゃん、タブで見たいものがあると、音声検索を利用するようなりました。
「あたりまえたいそう」とか「あいうえおんがく」とかタブに向かって言っています。
ところが、ととちゃんは若干舌ったらずなので、認識されないこともしばしば。
今も「なめこ」と言ったものの、うまくいかなかったらしい。
もう一回言い直すのを見ていたら・・・・

なめこ、お願いします!

と叫んでいた。
いや、余計あかんて(^^)

ととえいご

この本を何故か始めることになって、乗りかかった船的に進めています。

レッスンが進むにつれて、ととちゃん、それなりに読めるようになってきました。
それぞれの文字をサウンドアウトして→単語で読む、というプロセスを学び、短い単語ならサウンドアウトせずとも読めるようになり(何度も目にすることでサイトワードになったものも)、左から右に読む、とかquotation markの間のセンテンスは会話文だとかを理解したり、短い文から意味を読み取ったりもできるようになりました。
良いことだ、とは思うけれど・・・

やっぱりやめときゃ良かった、という気持ちがでてきました。

なぜなら・・・
Busy Beesでその月のメインブックを音読するのですが、文字を読むようになってから、耳コピー暗唱のあの自然なリズムが崩れてしまったからです。
音読は「(将来自力で)読む」ためにやっていることなんだけれど、本を使ってシステマティックに教えるのはもうちょっと後でもよかったな。
今はもっと「音」だけに集中させたかった。
もちろんアルファベットが認識できたり、それぞれの音を知ったり、初頭音とアルファベットのつながりに注目したり、いくつかのサイトワードを自然に覚えたり、それぐらいはできるように進めるつもりだったけれど。

ま、本なしで暗唱させることもあるし(お風呂とかで)、かけ流しでは音をしっかり聞いているのだからいいか。
もう後戻りできないし、ととは本で勉強するのを楽しんでいるみたいだし。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

マナバナナ
2013年12月23日 12:31
こんにちは。いつも参考にさせていただいています。4才で勉強を楽しめるなんてすごいですね!それだけ文字に興味があるなら音読も上達しそうでうらやましいです^^
2013年12月25日 18:43
マナバナナさん、こんにちは!
うちの「勉強」はかなりゆるぅいので、「勉強を楽しむ」と書くとちょっと大袈裟かもしれません(^^)