身辺自立(英語なし)

ぴよちゃんが学校に行ってしまって、私は呆然。
朝起きたらととの着替えを手伝って、朝食をささっとセットしてくれたのに・・・
私がお昼に仕事から帰ってきたら、部屋がきれいに片付いていて、掃除機がかけられてあって、お風呂が掃除されてあって、一緒にランチできたのに・・・
夏休みも終盤になってくると、家事にも慣れたぴよちゃんが、洗濯物を干したり、たたんだり、お昼ご飯を作ったりしてくれたのに・・・
今日はめずらしく仕事がお休みだけれど、なんだかやることが一杯に感じます。

この夏の「ぴよ子育てテーマ」は「身辺自立」。
勉強よりも何よりも、自分の身の回りのことをしっかりできるようになると、地に足がつくというか、子供のすごい力や自信になると思うから。

私は身辺自立とは程遠い感じにあまやかされて育ったので、ほんとふわふわと(つい最近まで)していました。
家事なんて、一人暮らしの時も結婚当初も苦痛でしかありませんでした。
最近になって、面倒くさいだけだった家事がやっと当たり前になって、やっとそれを楽しめるようになりました。
遅いって!
私の年の離れた弟は、(両親が私という失敗例を反省して?)いろいろと手伝いをするように言われていました。テスト中だってお風呂洗いしてたなあ。
だから彼は一人暮らしの時もひととおりなんでも当たり前にできたし、それを楽しんで、そこから世界を広げていたようにすら見受けられました。(そして家の手伝いをしていなかった私とは比べ物にならないくらい優秀になりました。これはお手伝いしてたからというわけではないでしょうけど)

ぴよちゃんには、今から家事を当たり前にできたり、それに楽しみを見出せるようになってほしいなあ。
どちみち家事は一生、生きている限りしなければならないことだし(アラブの石油王とでも結婚したら別だけど)。

ぴよちゃん、この夏は本当によくやっていました。
お手伝いじゃなくて、今何を必要とされているかを自分で考えて、すすんで家事をしていました。
宿題や勉強も、自分で計画をたてて、私に言われることなく取り組めました。
旅行の準備も一人でできました。
それも回を重ねるごとにササッとこなせるようになりました。
知らない子ばかりのキャンプにもでかけました。
そこで自分から話しかけて、キャンプが終わる頃には、前から知っているお友達のように話せるようになりました。
髪も上手にたばねられるようになりました。
オシャレもちょこっと上手になりました。
背もぐんぐん伸びています。(細すぎるのが問題)
なんだかいろんな意味で大きくなりました。

もう6年生なんだから当たり前??
いやいや、自分がダメダメだったので、こんなんでも「すご~い!」と思ってしまいます。

それに・・・
ぴよはその命ができたときから「流産するかも」「早産になるかも」状態で、生まれてからもすぐにNICUに搬送されちゃったし、1歳の時は大きな病気になったし、それを脱しても、なんというか線が細くって心配で・・・
そんな生きてるだけで御の字のぴよちゃんだから、こんなふうに成長を感じたり、たくましくなったなあ~と思うと喜びもひとしお。
うれしい夏になりました。

(が・・・発表会をビデオ撮影していたら、他のお友達は顔認証されるのに、ぴよの顔にだけ認証マークがでなかった・・・こんなことがまだまだ私を不安にさせる^^)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かおちゃん♪
2014年09月07日 13:17
ぴよちゃんえらいねえ。うちは中学生になるのに、まだまだ自分のことぐらいしかできません。まぁわたしもそうだったけどねぇ。自立させるにはわたしがダメかも・・・見習わないと。またいろいろはないしたいねぇ。お茶できる時があったらお茶いこうねぇ
ラモーナ
2014年09月18日 13:24
コメントありがとうございます!
私がダメダメなので子供がたくましくならざるをえないんです(^^)
はい!話したいですっ!
いつも勉強させてもらってばかりで申し訳ないのですが・・