アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
お家でこども英語
ブログ紹介
5歳直前で帰国したムスメ。
英語ペラペラにはほど遠く、読み書きもできない状態でした。
それでも・・・
海の向こうにいるお友達と、これからも連絡をとらせてあげたいっ!
どうする、私!
zoom RSS

ORT Stage 6 More Stories A読み終わりました!

2017/03/25 14:51
あ、こんなことを書いていたのに投稿するのを忘れていました^^



ブログは全然書けていませんでしたが、お家で英語(小1とと)はちゃんとやっています^^

といっても平日は・・・

週1のBusy Beesと週1のオンラインレッスン。
オンラインレッスンで読むORTの音読を毎日。
学童帰りの車の中のかけ流し。

これだけ。
週末はこれにワークブック(http://amzn.to/2n5ytzU)をプラスするくらい。
あらあら、えらい少ないですね^^

それでも地味に続けることで、ととちゃんはだいぶ英語を話せるようになってきました。

ORTもStage6More StoriesAまで終わりました。
もうサマリーは書いていません。
ずっと私が手伝って書き方を学んでいましたが、なかなか一人で書くのは難しそうでした。
そこでオンラインレッスンの先生と相談して、口頭で、でも自分一人の力で要約することから始めることにしました。
なかなか順調です。
進むペースは週に1冊ずつというところ。

レッスンでは・・・新しい本の音読→要約→コンプリヘンション→次のレッスンで再度音読→簡単なコンプリヘンション→新しい本を読む・・・という感じです。こういうふうにすると、1レッスンの中で2冊読むこともあります。ステージ6にもなると1冊が長いので、2冊も読むとレッスン時間がもったいないなあと思いますが、先生の方針を伺ったらまあ納得だったので、これからもこの流れでいくことになるかと思います。

家での音読は・・・

新しい本・・・一度自力読み→次の日から聞き読み
オンラインレッスンで一度読んだ本・・・CDでシャドウイングっていうか一緒に読む

こんな感じで取り組んでいます。
More Stories Aの最後の?本。



遠いとおい昔、なんにもないニュージーランドの道端でボーっと立ってたら、髪を束ねたバレッタを狙ったカラスに頭をどつかれたことを思い出しました。
あれ??
これって、ずーっと昔、ぴよがこの本を読んだ時にも書いたかも^^
ぴよとととは7歳差。
「振り出しに戻る育児」をやっている私には、この手のデジャブはよくあります^^
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


公立中学校とブレインクエスト

2017/03/21 11:59
ぴよ) 英語のテスト、見なおしてたら間違ってて慌てて直したよ!!
私)  何間違えてたん??
ぴよ) 人工って書こうと思って人口って書いてたあ!

漢字かよ。
ちなみに社会の宿題は・・・

ぴよ) ワシントンって書いたんだけどワシトンになっててビックリしたよ。

ビックリするのはこっちです。
まあ、ウッカリはご存知のように「我が家にかかった呪い」だから仕方ないし、
まあ、テストも宿題も、提出するまでに気づけたことを褒めてあげないといけない・・・

んでしょうね^^

ぴよ英語


「ママ、これ、宿題なんだけど、ブレインクエストじゃない?
先生が小学2年生の問題って言ってた。」

ぴよがプリントを持って帰ってきました。
問題がズラリと並んでいます。
切り貼りしてあるけど、うん、見覚えがある・・・
コレ。



我が家で眠っているこの子を出してきて問題を確かめると・・・
ビンゴ。

わお。
確かにグレード2ですが・・・英語初めて2年目の子達には・・・どう??
やりたい子だけやればいい宿題みたいですが「みんなやってくるよ」とのこと。
おおお。
ぴよちゃん、「お家で英語」をやっておいてほんと良かったよ。
中1からはじめてたんじゃ、ぴよちゃんには絶対無理だったよ。
ぴよの場合、小さい頃にやっただけじゃなくて、今もととが「お家でえいご」をやっているので、
絵本からの出題、例えばMs.Frizzleなんかが出てきても、遠い過去ではなくいまだ新鮮な話題^^
こういうのは強いですね^^
でも・・・

Who was the first American woman ever to travel in space?

物を知らない親子は必死で調べる^^(ブレインクエスト持ってるんだから、答えを探したらいいんだけど、敢えて調べる^^)

Sally Ride!

ひとつ賢くなりました^^

さて・・・
In "Snow White," who says , "Mirror, mirror, on the wall"?
に、「誰だっけ?誰だっけ??」と考え込むぴよ。


私)  え、the wicked queenやん。
ぴよ) 名前、なんだったっけ?
私)  名前なんかあらへんのとちゃう?step motherとかでええやろ?
ぴよ) 名前があったでしょう?何だったっけ??

聞いたことないし。
ぴよちゃんの頭の中にはalternative facts^^が存在するようだ。
怖いコワイ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


そしてやっと英語のハナシ。

2017/03/20 18:29


休みの日だけ、このワークをしています。
今日の問題はこんなの。

to dislike something a lot

"I (     ) to swim in a cold pool."

しばらくしてととちゃん、答えを出しました。
"I .....hate!!"
ほんとに分かってるのか確認したら・・・

"I hate pirates!"
デドコロは例の本ですね!



すぐに出てくるのがすごい。
フレーズが体にしみこんでるんですね。
やっぱり楽しい本は、英語学習の強い味方です!

このシリーズの1冊目に、猫を黄色く塗ってカナリアにするというくだりがあるのですが・・・
ママ、ほんとに猫を黄色く塗ったら飛べるようになるの??
そんなワケないって分かってるととちゃんなのですが、もしかしたら・・・と思ったみたい^^
まだ現実と夢の狭間にいるのねえ。
その状態で読む物語って、大人が思うより、ずっとずっと面白いのかも。
ととちゃんは次の本を心待ちにしています。



CDは買ってあるんだけどね。
どうせ読み聞かせだから、本の発売(アメリカ版は日本アマゾンでは4月発売。ずっとアメリカ版で揃えてるから、なんとなくその日を待っている)を待たずにCDを聞かせてもいいのだけれど、やっぱりこのシリーズは絵も楽しいからなあ。
4月4日が楽しみ♪
また読み聞かせて、そしてその後CDを車で聞く、という流れでいこうと思っています。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


国語プリント

2017/03/20 18:06
七田のプリント。

( )の中に、いろいろなことばをイメージ(そうぞう)して書きましょう。

(1) 赤い(       )が(             )

何を書きますか??
ととの答え。


赤い(かおをしたぴよ)が(おこりました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ほんと、だれ?

2017/03/20 17:24
ととちゃん、ねんねの時間。
かわいいかわいいととちゃんにお布団をかけたら・・・

あざーっす!


子離れしないといけない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


考えてもみなよ

2017/03/20 17:21
ととが、同じクラスの女の子と結婚するらしい。

私)ママは?ママと結婚するんじゃなかったの??
とと)だってととが大人になったら、ママはそのときおばあちゃんだから・・・
私)なにっ!どういうことそれっ!!
とと)考えてもみなよ。

子離れしなければ・・・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7歳児のお手紙

2017/03/20 17:18
私の誕生日に、ととちゃんがお手紙をくれました。
書き出しがコレ。

いつもおせわになっています。

だれやねん、あんた^^
もう、呼吸困難で続きが読めず。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


将棋

2017/02/01 21:36
ととちゃんと将棋。
3日にわたる泥沼の戦いの末・・・(寝る前のほんの少しの間戦います^^)

勝った〜!!

相手は7歳児なんだけど嬉しい^^
今日は二人一組でコンピューターのおじさんと勝負!
はじめてレベル7をクリア!
二人で勝利の雄叫びをあげたら、ぴよに「うるさい」と怒られた。

ぴよこわいし。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


小学1年生、新しい習い事

2017/01/28 18:46
ととちゃんは毎日学童で、何も習い事をさせられなくて申し訳ない、と思っていましたが・・・
よく考えたらいろいろ習っていました^^

お習字、スイミング、オンラインレッスン、Busy Bees。

結構やってますね^^
お習字は行きたがるのですが(年に一回のクリスマス会とボーリング大会だけを楽しみに通っているとしか思えないお稽古態度?だそうですが^^)、スイミングは・・・「ママ、習い事で嫌なの何か知ってる?スイミング。」だそうです。別に嫌がって行く前に揉めるということはありませんけどね。行ったら行ったで楽しそうにしてるし。
ぴよちゃんの時は、習い事について「親の時間とお金を使ってするものだから、本当にやりたがらない限りさせない」というスタンスだったのに、なぜととにはやらせてるんだろう???

理由は「学校で必要だから」かなあ。
特にスイミング。
中学年にもなれば泳げる子と泳げない子に分けられて、入るプールも変わってきます。
先生にも「もし泳げないようならスイミングに通わせてください」と言われます。
中学生になれば、泳げることが前提でタイムの計測があって、それが成績になり、内申点につながります。
う〜ん、やっぱり25メートル、何泳ぎでもいいから泳げるようになっとかないと・・・かなあ。

オンラインレッスンとBusy Beesは平日にやっていますが、お習字とスイミングは土曜日です。
も、これでいっぱいいっぱいだったのですが・・・
いつからか、ととちゃんが「テニスを習いたい」と言い出しました。

テニス。


テニス


テニスかあ。

ととちゃんが何か習いたいと自分から言うのははじめてのこと。
運動はあんまり得意そうでないから運動系の習い事はいいかも。
実はととがお腹にいるころ、男の子が生まれたらテニスを習わせたいなあと思っていたっけ。
サッカーとか野球って団体競技だから大きくなってからはやりにくくなるけれど、テニスだったら大人になっても続けやすいし・・・
大学に行って彼女を見つけようと思ったらテニスは大事だし。(なんで私がそんなこと心配せなあかんねん)
錦織圭かっこいいし。(関係ない)

近くのテニススクールのホームページを見たら、ちょうど体験レッスンをやっていました。
無料のが1回と有料の体験レッスンが2回あるではありませんか!
3回もやれば、気まぐれか本当にやってみたいか分かるかも!
早速申し込みました。

で、
ととちゃん、はまる^^

そのまま入会すればラケットもいただけるし、入会金もなし。
気軽に始められるっ!
ちょうど日曜日にクラスがあるので、「パパがいないから日曜日どっこも連れてってあげられない」も解消されます。
と、いうわけでスタートしたのが、昨年の10月。
今もととちゃん、日曜日を楽しみにしています。
練習も熱心にしています。(私はほとんど駐車場で爆睡していますが、たまに見に行くと真剣なマナザシで練習しています^^)

ととちゃん、好きなことを見つけられて良かったね!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1年生の作文。(英語なし)

2017/01/25 20:59
ととちゃんの毎日の取り組みに「七田プリント」があります。
今は国語だけしかさせていませんが、このプリントがなかなかよくできていて気に入っています。
帰宅してからは時間がないので、学童の学習時間にすることになっています。



ということは・・・
親がついていない。
ということは・・・
やっつけ仕事になっていることがままあります。

ある日の作文の課題。
「お母さんにかんしゃする手紙を書きましょう」
以下、ととの作文。

おかあさん、いつもこえがでなくなるくらいがんばってくれて めっちゃくっちゃ ありがたや〜。あいしているよ、きみのこと。

0点だと思うけれど、いろんな意味で満点だとも思う^^
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


子ども英語のメリットの一つ

2017/01/24 10:07
当たり前の話ですが・・・
英語は大きくなってからでも十分勉強できると思います。
発音だって矯正できると思います。
ある程度大きくなってから勉強する方が効率が良いともいえます。
母語に神経質になることもないし・・・

でも

小さい頃から英語を始めるメリットもあると思います。
しかもいっぱい。
その中の一つに、「時間がある」が挙げられます。
この「時間がある」はいつも言っている「大きくなると学校の拘束時間が長くなり、勉強に部活に忙しくなり時間がなくなる」の反対だけではなく、小さい頃から始めた分「触れた英語の量が多くなる」ということです。
効率を考えずに、とにかく贅沢にたくさんの英語に触れることができます。
触れた英語量が多いと、新しく見聞きする英語が、今までに知っていることとつながる可能性が高くなります。
つながると、書かれていることの面白さに気付くことができます。

例えばコレ・・・



主人公二人の出会いを思い出している場面で、ボケ役の主人公がいろいろなfairy taleを語ります。
そのボケに対し・・・

Hensel and Gretel!
とか
Lititle Red Riding Hood!
とか
Chinderella!

なんてツッコミを入れられるととちゃんを見て・・・
小さい頃から英語をやってる子だなあ、と思いました。
中学生から英語を始めたのでは、こういったタイトルまで英語で学ぶ時間はありませんよね。
もちろんこんなこと知らなくてもいいのかも知れませんが、この本はツッコミ入れながら読む方が面白いので、やっぱり知っていた方が楽しいでしょうね。

この本からもうひとつ。

主人公二人が住んでいる26階建てのツリーハウスには、アイスクリームパーラーがあって、78ものフレーバーを楽しめます♪そのひとつひとつの味が紹介されています。

DOUBOLE CHOCOLATE
TRIPLE CHOCOLATE

などの定番はもちろん

EGG AND BACON
EGG AND NO BACON
BACON AND NO EGG
NO BACON AND NO EGG

なんて変わり種や^^

INVISIBLE  

なんてものまであったりするのですが・・・

ROCKY ROAD

に続いて・・・

YELLOW BRICK ROAD

が出てくるんです。
それがすぐにThe Wizard of Oz と結びつくととちゃんを見て・・・

やっぱり小さい頃から英語をやっていてよかったなあと思いました。
いろいろつながりますよね!
今はこの程度のつながりですが、これからも英語を続けていくことによって、もっともっと知っていることが増え、その知識は新しく読んだ本や聞いたことにつながり、発信する人の意図を理解できたり、英語で面白さを味わうことができるようになるでしょう。

「お家で英語」をやっていると、親もその恩恵にあずかることができます。
子ども時代に学べなかった英語に触れることができます。
はっきり言って楽しいです♪

あ、今一応調べてみたら、YELLOW BRICK ROAD味のアイスクリームの画像がでてきました。
う〜
どんな味だろう???



記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


いろいろなスキルを必要とする、でも楽しい語彙強化ワーク!

2017/01/21 12:59
ととちゃんが冬休み、毎日取り組んでいたコレ。



ぴよが小さい頃使っていたワークです。
アマゾンで中身を見ることはできないみたいですが、表紙を拡大して見てもらったら、どんな感じかお分かりになると思います


まず最初に、はしごの一番下に書いてある単語を読みます。
そしてはしごを一段のぼるのですが、横にヒントが書いてあるので、それを読んで答えを考えます。

例えば、今日ととちゃんがやった問題は・・・

はじめの単語が・・・・・ear
次の段のヒントが・・・・・What you do with cookies Change the last letter.
です。こんな風にどの単語にも二つのクルーが与えられます。一つは単語の定義であったり今書いたようなヒントであったり、時にはその単語がブランクになった例文だったりします。二つ目は、はじめの単語をどのように変えるかを書いてくれてあります。先に書いたように何番目の文字を変える、とか最初から二番目に文字を足すとか、最初の母音を変える、とか。
ちなみに今日の2段目は・・・・・eatですね!

次のヒントは・・・・・to touch gently "The coach gave me a      on the back." Change the first letter.
これだけ書いてくれてあるので、ととちゃんでもpat!と元気に答えることができます^^
こんな風に一段一段あがっていきます。
そして最後の単語を書き終えると・・・
ここにお楽しみが待っています!
今日の最後の単語は・・・・・noseでした。

はじめの単語はearでしたよね?
ear, nose
そしてタイトルを見ると・・・
Eyeglass Holders
クスリと笑えるようになっています^^

このワークを使うためには、ある程度読みが進んでいる必要があると思います。
途中の単語やヒントに絵はついていませんから、絵からの情報に頼ることなく、純粋に文字を読んで意味をとらなくてはなりません。

そして類語語を頭の中から探し出す作業をするので、語彙のストックが頭の中にあることも前提となります。もちろん全部知っている必要はないと思います。語彙を増やす目的があるワークなのですから。(答えが分からない時は、一段上を先にやってから下に戻ることで単語が導きだせることもあります。どうしても分からなかったら、助け船を出すこともあります。)でも、あまりにも知らない単語ばっかりだと・・・このワークをするのは苦痛になるでしょうね。

この二つの理由から、はじめてこのワークをととに渡した時は、できなかったら無理せずすぐやめようと思っていました。でも、意外に(失礼^^)できたのでなんだか感動しました。
しかも、結構楽しんでる感じなので、やらせやすいです。

わ!K-1というのもあるんですねっ!

早くから始めるのは上記の理由からしない方が良かっただろうけれど、今回のタイミングで、この簡単な方からスタートする手もあったかなあ。まあいっか。新しく買うのもなんだし。

ぴよは2冊め↓は途中でやめたような気がするけれど、ととは最後までできるといいなあ。



冬休みが終わって、やっぱり平日はほんとほとんど何もできません。
でも今日(土曜日)は、朝ごはんの後「しちだやりいや。」と声をかけただけで、例のセットを出してきてやっていました。ORTの音読もしましたよ。(これはやっぱり別に声掛けが必要でした。なぜだろう?)
ラクになったなあ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Sleeping Beauty

2017/01/14 21:58
我が家の眠り姫は、この冬も眠り続けていました。
夏休み同様、寝ているか、勉強しているか。
思春期というのもあるのか、リビングに居続けることがありません。
ご飯を食べ終わったら、さっと退散、自室で勉強を始めます。

元旦は私の弟夫婦も来ていたので、(ぴよにしては)早起きしてリビングでみんなで遊んだり、息抜きにフルートを吹いたりしていましたが・・・

後は寝ているか勉強しているか。
外食にはさすがについてきますが、基本私の外出にはついてきてくれません。
モールと本屋だけ、何とか連れ出しましたが・・・
とにかく眠い。
ご飯より寝ていたいらしい。
昼夜逆転しないように、早く寝なさいというと、これも寝る^^
そして、朝も寝てる^^
一体どれだけ眠るのか放っておこうと思ったら本当にいつまでたっても起きてこない。
昼になっても起きてこない。
そしていつの間にか起きだして、ご飯も食べずにそのまま勉強を始めています。

私は勉強より規則正しい生活の方が大事だと思っているので、イライラいらいら。
だらしない子が我が家にいると思うだけでいらいらイライラ。

部屋の片づけをしようとしないのも私のストレス。
掃除を促されてリビングから出ていく子の背中に
「まさか勉強しよと思てるんちゃうやろなっ!!」
と叫んでから、なんか変なことに気付く・・・
母のセリフじゃないよなあ〜。

でも絶対!
勉強より生活が大事!
もっと健康的な生活をしてほしい!

眠いのは成長期だから仕方ないのかもしれないけど。
確かに、ほんとに、まだまだぐんぐん音をたてて大きくなっているから。

あのちっちゃかった、リビングでひたすらゴソゴソ遊んでいた、早寝早起きのかわいいかわいいプリンセスぴよちゃんは・・・
もうどこにもいない。

さみしいなあ



記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


冬休み中の取り組み

2017/01/13 22:03
冬休みが始まる前の日、学童に迎えに行ったら・・・

「ママ!冬休みの宿題、全部できたよっ!!」

冬休みの友、が全部終わっていました・・・

ミニ作文はこんな感じ。

お題) お手伝い

ぼくは おかあさんに ぴよを よんでと いわれたら すぐ
がくげいかいより おおきいこえで 「ぴよ」と よびました。

下には「おうちの人から」の欄が。
何を書けと・・・
これしかない・・・

もっとほかのことをかきましょう。


夏休みに「やっつけ仕事」を教えたのは私・・・
大失敗だ。

ととえいご

冬やすみの間は、こんな取り組み↓をしていました。



あれれ?あんまり英語がないっ!
あ、でも、サマースクールについてのブログを書いていて思い出した「ブレインクエスト」と「1日5分オールイングリッシュ」は記事にして以降やっています^^

こうやって画像を載せるとなんだかいっぱいやらせているように見えますが、ドリル系は1日1ページ、しかもどれも超簡単なのであっという間に終わります。朝食の後「やることやりや〜」と答えるだけで、このセットを持ってくるのでラクチンです。あ、ORTだけは何故か一緒に持ってこないので後でもう一度声掛けが必要です。(ORTの音読は2日に1回くらいだったかなあ。なぜだ??)

私は答え合わせをするだけですが、スカラスティックのワードラダーだけは一緒にやります。こちらはなかなか良い教材なので、後日記事にします。

パズルをやらせている理由は・・・ととは(ぴよちゃんといっしょでとと)問題をしっかり読まないフシがあるので、問題をしっかり読むクセをつけさせたくて購入しました。入門はちょっと簡単すぎたかも。でもはじめは一瞬でとけるくらいの方がやる気になって良いかな??

将棋は・・・
実はわたくしたち(ととと私)、最近将棋にはまっているのです^^
ねんねの前に、二人一組でコンピューター相手に戦います。(よく考えたら寝る前のコンピューターはだめだよね・・・)
首尾よく勝てたらハイタッチ♪
負けるとガッガリしてベッドに行きます^^
ととは王手をかけ続けて詰みにさせるのが得意!
でも、攻めに集中して守りを忘れるので、そこは私がカバー!
二人でコンピューターの憎たらしいおじさんをやっつけています。
(レベルが上がるとアッサリ負けるけど)
お正月、ととはじいじとも対戦していました。
すでに実戦しているのでこのドリルも簡単ですが、正しいルールを身に着けるさせるため、基本の戦略を学ばせるために続けさせようと思っています。私も答え合わせしながら学んでいます(実はととの方がよく知っている)^^
あ、将棋と言えば、お正月に弟がコレ↓を持ってきてくれました。



ありがと〜。

今年はじいじばあばが家に来てくれて、年越しは私の弟夫婦も来てくれてにぎやかでしたが、大きなイベントは特にありませんでした。
いつもと違うたっぷりのお家での時間に、ととちゃん若干暇を持て余していましたが、そのうちおもしろい遊びを考え出しました。
長期休暇だからって、イベント満載で子どもをエンターテインする必要はないと思っています。ありあまる時間を無駄に過ごせるのが子供の特権では??そしてそこから、自分で何か面白いことを見つけさせるというのが、子どもの力を引き出す良い方法じゃないのかなって思っています。
どこにも連れていかなかった言い訳???
じゃなくて^^

長い長い冬休みは終わりました。
日常に戻ると家庭での学習はぐっと減ってしまいますが・・・(というかほとんどゼロ)
週末くらいは↑のペースでできるといいなと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


SUNNY BUNNYのサマースクール! 後半

2017/01/11 15:41
続きです。

朝8時に起きて、道中でランチを買って、10時半にSUNNY BUNNYに送り届ける。
その間私は、東京に住んでる友達に会ったり、横浜に住んでる友達にあったり、同期の先生とミーティングしたり、趣味の世界に浸ったり・・・
5時にむかえに行って、同期の先生の娘さんと4人で、その日のことを聞きながら駅まで。
スクールのことを話す二人の楽しそうなこと。
帰り道で夕食を済ませて、9時に就寝。(大人には夜がちょいと長い・・・)

なんだか夢のような1週間でした。
「お家で英語」も楽しいけれど、外注ってこんなにラクなのかっ!!
しかも信用できるスクール!
何よりととが楽しそうっ!!

それからおまけも。
普段はととを学童に預けっぱなしで、家では時間に追われて、とととゆっくりコミュニケーションをとれないことが気になっていました。でもこの1週間、家事も仕事もなし。朝晩ゆったりとした気分でととと二人の時間を持てたことはとても素敵でした。手を繋いで通学したり、おいしいレストランを探してまわったり、隙間時間でない「お家英語」「ホテル英語」したり!

私の同期の先生の娘さんと一緒に図書館に行ったり、公園で寄り道したり、一緒にお夕飯したり、習ったカッコいいダンスを踊ったりしたのも、ととは嬉しかったみたいです。
私も帰り道が楽しかったなあ。田舎は車社会だから・・・子どもと一緒に、夕方でもまだ強い太陽の日差しを感じたりセミの鳴き声を聞いたりしながらゆっくり歩くは新鮮でした!
東京のセミって、みーんみーんって鳴くんですねっ!関西でもこの辺りでもセミはあんな風になきません。テレビとかお店のBGMで聞いてたのと一緒だあってなんだかおもしろかったです。
今思い出すと、あの帰り道はお伽噺のように思えます。

3日目の夕食の時かな・・・
ととちゃんが言いました。
「ママ、いっつもSUNNY BUNNYに行きたいんだけど。引っ越す?」
連れてきてよかった!!
(そうそう、このお蕎麦屋さんで、ととちゃん歯が抜けたんだよねっ!
歯の妖精は、ちゃあんとホテルにも来てくれましたよっ!)

ととはSUNNY BUNNYで、そこにいる人みんなが英語でコミュニケーションをとる世界に触れることができました。
自分と同じ、小さな子どもが英語で過ごしているのを目の当たりにしました。
楽しみました。
英語教室でのふるまい方(English Only!)を学びました。
おかげさまで、夏以降のBusy Beesでは日本語が出なくなり、英語だけを話すようになりました。

夢の一週間はあっという間に過ぎて・・・

夏休みの夜、東京発の新幹線の中ってご存知ですか??
家族連れはみんな、パンパンにふくらんだディズニーのバッグを棚に並べてあります。
子ども達はあの、夜のパレードの時にピカピカ光る例のペンダントを首からぶら下げています。
私はチラッとととの様子を伺います。
ととが手にもっている、スクールで作ったマジックワンドは紙でできていて、もちろんキラキラしません。
一週間の東京滞在がテーマパークじゃなくてサマースクールでお勉強。
ととはどう思ってるんだろう??
でも人気のない乗り換えのホームで、習ったダンスを嬉しそうに踊ったり、就寝時に「もうSUNNY BUNNYに行けない!みんなと会えない!」と号泣したりしたのを見て、これで良かったんだなってしみじみ思いました。
ととが着ていたTシャツにはみんなみたいなネズミはついていなかったけれど、白字でSUNNY BUNNYと書かれた赤くて真新しいTシャツはとても眩しく見えました。

そうそう!
先日、ととは新年の大掃除?をしていました。
なんでもポイポイ断捨離してしまう子が、例のマジックワンドを持って「ママ。」と話しかけてきました。
もしや、捨てたいの???
ママ、これボロボロになっちゃったけど、捨てないでおいといてもいい?だってSUNNY BUNNYにはあんまり行けないから、少しでも思い出したいもん。

連れて行って本当に良かった!

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


SUNNY BUNNYのサマースクール! 真冬ですが・・・前半

2017/01/10 13:13
やっとここまでたどり着きましたね^^
真冬にサマースクールの話ですいません、ほんとに。

サマースクールに申し込んだのがゴールデンウイーク明け。
同時にホテルも手配しました。
夏休みに入ってからは取り組みをしっかりしました。
ぴよは、夏休みで一時帰国してくるパパに任せました。
いっつもおさがりばっかりのととちゃんの服も新調しました(これは必要ないですね^^ちょっと見栄をはってみた^^)
ありがたいことに体調も良好!!
準備は万全!!

でも詰めの甘い私は・・・
新幹線のチケットを取るのを忘れてた

「グリーン車しかないです」
ととにグリーン車。
新しいことわざができました。


気を取り直して・・・
出発!
ととは(ぴよちゃんと違って)目に映るもの全てについていろいろいろいろ考える子なので・・・
東京に着くころにはヘトヘト。
「ママ、頭がくらくらする。頭にインフォメーションがいっぱい入ってきて・・・」
まあ前日入りなのでその日はホテルでゆっくりして・・・
というのはウソで、新宿へGO!

紀伊国屋の洋書バーゲン
I'm Doraemon!
東京に住んでいる弟夫婦とメキシカンディナー!!

というのをこなしてしまいました^^
って、こんなこといちいち書いてたらキリないやんっ!
でもこれは私の備忘録。
ダラダラ書かせていただきます。

翌日はととちゃん朝から英語モード!
良い感じ!
ところがここで2回目の失敗
SUNNY BUNNYのドアに張られているポスターを見たら・・・
30分早かった・・・

あかんやん、私。
15分前に着くように行ったので、朝から45分待ち。
朝からカンカン照りなのに・・・
ごめんよ、とと。
時間が来てドアが開くと、ととは後ろを振り向くこともなく、はじめてのスクールに入って行きました。
で、私はお役御免。
なんだかさみしい・・・のは束の間^^
延長のボキャブラリー強化も申し込んであったので、5時まで自分だけの時間
予定満載♪

そしてあっという間に5時になり、ピックアップタイム!
先生に様子を聞くと、「一日中英語だけで過ごせましたよ。」とのこと!
ととはBusy Beesでも日本語ばっかりしゃべっていたので、にわかには信じられません。
帰りの道は、私の同期の先生(養成講座)の娘さんと英語で歌ったり、状況に見合ったチャンツを唱えたり!
なに、これ?
どういう魔法??(後日養成講座中級を受講した私には、それは魔法ではなく、理論に基づいた指導法と先生方の熱さと、その熱意の明るさとは真逆の位置にあるような地道なレッスンプラン作りにあるのだと分かりましたが)
ととちゃんに感想を聞いたら、サマースクールは本当に楽しかったようです。

帰り道で夕飯を済ませて、ホテルでいつもの取り組みをして、次の日に備えて早々に寝かせました。
残念ながらというかもちろんというか、部屋はスイートルームではないので(しかも狭い、悲しい)、ととを寝かせるべく電気を消したら部屋はまっくらなわけで・・・
何もできない私。
ちょうどオリンピックだったのに、テレビ観戦が全然できなくて残念でした。
(そんなことどうでもいい)

後半に続く

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


本当に大事な取り組みはコレ!

2017/01/09 15:17
長々とサマースクールに向けた取り組みを書きましたが・・・
実は・・・
SUNNY BUNNYの先生に指示された取り組みはたった一つ!

「1日5分のオールイングリッシュタイム」

これだけでした。
じゃあ何でアレコレやっていたのか・・・
それは私の貧乏性によります。
だって、小学1年生。
いつ熱を出すか分かりません。
サマースクールに申し込んだのに、当日行けなくなる可能性大!
1クール5日間のサマースクールは決してお安くありません。
払い込んだお金が無駄になっても、事前にがんばった取り組みが残れば、それはそれで価値があるっ!
・・・と思いたかったのです^^
まあ、いずれにせよ長期休みは「お家でえいご」のかき入れ時ですしね!

さて、1日5分のオールイングリッシュタイム。

たった5分なのに、これが時間を決めておかないとなかなか習慣になりません。
今でも続けなきゃと思うのに、時間が決まりません。
以前はお風呂タイムを英語タイムにしていたけれど、今はととちゃん一人でお風呂に入るし・・・

大事なことだと分かっているので、これもブログに書いたことを機に再開します!
宣言します!
報告し・・・・・・・ますっ!!

さて。
サマースクールを目前に控えたある日。
ととちゃんがお手紙を書いていました。
彼が自分から、自分一人で英語のお手紙を書くのははじめてのこと。
何書いたんだろう??

Dear Sunny Bunny
Hi! Mi nam is Toto nist meto.
I can speek losov things!
I can rit losov things!
I lav yalow gams and Doraemon!
ten cu!
from Toto.
Wow!

何て書いてあるんだろう^^
分かりますか??
訳します。

Dear Sunny Bunny
Hi! My name is Toto. Nice to meet you.
I can speak lots of things!
I can write lots of things!
I love yellow, games and Doraemon!
Thank you!
From Toto.
Wow!

ねぇママ、間違ってない?間違ってたら直して!間違ってるの先生に見られたくないもん!

全部間違ってる^^

とはさすがに言いたくない^^
だって、私は関心していたから。
スペルはめちゃめちゃだけど、書く内容があったことに!
まだ見ぬ、これから会う人に、自分の自己紹介をやってのけたことに!!
ガンガン自分をアピールしていることにもっ!
(しかしNice to meet you.なんてどこで仕入れて来たのだ??)

それから、一から十まで直したくない!という気持ちもありました。
なぜなら、これはととが自発的に自分だけの力で書いたはじめてのものだから。
気持ちを萎えさせたくないし、なんといっても、まだ直す必要もないと思うから!
(本当に、小さい頃からはじめる「お家でえいご」は贅沢な勉強法ですね!)

ああこの手紙を先生に送りたい!
でも、間違いを先生に知られたくないととの気持ちは尊重したい!

というわけで、このお手紙はお蔵入りとなりました。
ととちゃんもその存在を忘れてしまったみたいだし^^
もちろん大事に残しておきます!

このかわいい字とイラスト!
ととちゃんが思春期になって口もきいてくれなくなった時、眺めることにします^^
(ぴよちゃんは思春期真っ只中。口はききますが、基本的に自分の部屋にいるので、この冬休み中もあまり見かけませんでした・・・さみしいなあ)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


効果のあった取り組みと習慣の大切さ

2017/01/08 12:59
しつこいけれど続いています。
サマースクールに向けての夏の取り組み^^

今まで書いたとおり、取り組みの中には効果があったものもあれば、時期尚早だったものもありました。今でも続けているものもあれば、途中でフェイドアウトしたものもありました。
今日書くのは、かなり良かったものです。

それはこちらのシリーズの音読。



はじめ、昔ぴよが読んだスカラスティックの100Englishを読ませていました。でも・・・ととにはつまんなかったようです。英語は簡単なのですが、同時に内容も簡単すぎたり、逆に内容は難しいのに短い文なのでととには理解が追い付かなかったり。(後ろに解説があるので、ぴよには音読と同時にそれを読み聞かせていましたが、今のととにはちょいと難しくて無駄に思えました。教材としてレッスンで使うなら有効に使えると思うので、100Englishそのものが悪いとは思っていません。念のため。)そのうちととから、本を読んで「へ〜」って思いたいというリクエストが出ました。

というわけで、ちょっと難しいかな??と思いながら、こちらの本を与えてみました。
そしたら・・・
ととちゃん読める!
ちょっとうれしかったです。
でもだからって調子に乗らず無理させず、1日1章だけを音読させ(しかもドライヤーで髪を乾かす時間の有効利用^^)、後ろについている、章に対応したクイズをやらせました。
このクイズがなんだか面白かったみたい。
本文を読んだばっかりでサクサク答えられるのが嬉しかったんでしょうね。
ととの好きなパズル的なものもあったし。
そして読み終わったら、CDのかけ流し。
新しく習ったコンセプトと単語の定着が図れます。
読み物のかけ流しと違って、あんまり何回もかけ流しできませんけどね(飽きる)^^
はじめ「フジツボ」なんて単語を覚えて何の役に立つのか??と思ったけれど、The 13-Story Treehouseを読んでいたら早速出てきたりしてなんだか嬉しくなりました!なんでも「すぐに役に立つか」ばかり考えていたらダメですね^^教養、教養!(小さい頃からはじめる「お家でえいご」はこういう一見無駄だけれど、とっても贅沢な勉強ができますね!時間に追われていないから。中学生から始める英語もそれはそれで良いとは思いますが、やっぱり効率重視になってしまいます)
対応のワークブックも1冊買ってやらせ始めましたが・・・こちらは今のととには必要ない感じなのですぐにやめさせました。買ったワークが無駄になっても、子どもの時間の方が大事ですからね!

この取り組みは本当に良かったです。
ととも、それから(物を知らない)私も勉強になりました。
英語を勉強する、じゃなくて、英語で勉強する、ですね!
やっぱり面白くないと続きませんからね、この本は「お家でえいご」の強い味方です!

で、続いているの???

実は続いていません^^
途中で手持ちの本がなくなったので中断してしまいました。
冬になってからORTを買い足すついでに何冊か購入したのですが、いったん止めてしまったものはなかなか再開できません。
こうやって考えると、やめずに続けるって本当に大事、習慣ってほんとに大事。
習慣にしていたらなんということなく続けられるのに、ちょっとサボると途端に敷居が高くなってしまいます。
低きに流れるっていうか^^

ブログを書くことでこのシリーズを思い出したので、また始めましょうか。
(ブレインクエストは再開しましたよっ!あ、でも、冬休みがもうすぐ終わる・・・)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


基礎単語の習得も目指す

2017/01/07 22:02
まだまだ夏の話の続きです。(いつ終わるのだろう・・・)
こんなものもやっていました。



目的は基礎単語の習得です。
今までBusy Beesでもピクチャーディクショナリーを使って語彙の獲得を目指していたので、多くの単語を聞いて分かるし、言うこともできたのですが・・・



簡単なものなのに反射的に出てこないことがありました。
身に染みていなかったのでしょうね・・・
私がSUNNY BUNNYの子ども英語講師養成講座を受講してからは、サークルでのピクチャーディクショナリーの使い方を変えたので随分改善されました。
でもまだ課題が・・・
ピクチャーディクショナリーには絵の下に単語が書いてあります。
読めるようになったととは、自分で答えるより前にこの単語を読んでしまうのです。
レッスンで使っているカードにも書いてあるし・・・
別にカードを作ればいいのですが、それはちょいとめんどくさい。
というわけで、こちらを購入しました。
スペルのためのカードですが、絵カードと言えないこともない^^

1週間10枚。反射的に言えることを目指して毎日見せました。
リピートさせながらカードを見せていましたが、10単語ですから、取り組みというほどのものではなく、まああっという間に終わります。どっちかというと、するのを忘れないようにするのが大変だったくらい^^

効果はあったのか?



・・・不明^^
でもまあ、いろんな単語を一挙に復習できてよかったかも。
一周したら今度は本来の使い方もできますしね。(ということはまだ1周できていないということですね^^)

あ、こんなのもやってました。
これはととのためというか、私の研究のため^^
ベーシックイングリッシュについて知りたくて・・・



これはかなり興味深いですねえ。
今は他に優先順位があるのでなかなか進んでいませんが、もうちょっと踏み込んで勉強してみたいです。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


マジックツリーハウスの聞き読み

2017/01/06 00:22
これは・・・・・

始めたけれど、まだもうちょっと待った方が良いなと思って途中でやめてしまいました。

何故始めたかというと・・・
これ↓を読み聞かせ始めた頃、喉が痛くなったら困るなあ〜、CDが読んでくれたらラクチンだなあ〜なんてことをつい考えてしまい(まだCDを持っていなかった)、CDを持っているマジックツリーハウスに浮気したのです。



CDに任せたら、ほんとラク。
私が横についている必要がないので、用事が進む♪
でも・・・
チャプターブックに移行する前に、いろいろ説明しながら・・・ってところが全くカバーできません。
当たり前ですね。

内容も、1冊目は良かったものの、2冊めからはやっぱりととにはまだ難しい。
英語というより内容について、まだまだ説明が必要そうです。

ま、ととが聞き読みできると分かったことと、1冊目の聞き読み&かけ流しで、マジックツリーハウスの登場人物や展開に親しんだということは、これはまあ、収穫と言えるかもしれない^^

これは完全にフライング。
マジックツリーハウスは多読にはぴったりだし、内容もいいと思うし、家にズラリと揃っているし、CDもあるし、大事に使いたいシリーズ。
温存おんぞん。
「その時」を待ちましょ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

お家でこども英語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる